忍者ブログ

ギターブログを始めたはずなのに・・・・・
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08

07.21.21:47

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/21/21:47

02.26.20:51

ロボットギターが登場! ギブソン「レスポール」

ギブソン「レス・ポール」ロボットギターが登場!





自動チューニング機能「世界初搭載」ギブソン社が発売 
新ギターには半導体やモーターが内蔵されており、ペグ(糸巻き)を機械制御してわずか2秒間で音程を合わせる仕組みだ。通常の調弦だけでなく、設定しておけば、曲ごとに異なる調弦に変更することができる。同社は、調弦が苦手な初心者だけでなく、プロの演奏家にも自動調弦ギターが浸透すると期待している。
 
偉大なギタリストたちは以前から、オルタネート・チューニング、オープン・チューニングの効果を理解してきました(オルタネート・チューニングとは、E A D G B Eのスタンダード・チューニングから逸脱したチューニング、オープン・チューニングは、オープンになっている弦を一斉に鳴らすとコードを奏でるチューニングのことを意味しています)。
 
いい音を出すためには、正確なイントネーションが必須です。イントネーション調整されていないと、きれいなハーモニーが鳴らないばかりか、チューニングされた状態でもコードの音が狂ったり、シングルノートでさえも特にネック上部(高音部)でピッチが狂ったりします。
 
しかし、正確なイントネーション調整にはかなりの時間と手間がかかります。そのため、手間ひまを惜しんで、多少狂った状態のままで弾いてしまうプレーヤーも少なくありません。また、プロのリペアマンに頼んできちんと調整するにしても、かなりの時間と費用がかかってしまいます。だからといって、きちんとしたトレーニングや経験もなく、自分で調整しようとすれば、状態をさらに悪化させてしまう可能性もあります。でも、もうそんな心配はいりません。
 
ギブソンのロボットギターは、自動チューニング、オルタネート/オープンチューニング機能に加え、イントネーション機能も備えています。これを使えば、経験のない人でもシンプルな操作で完璧なイントネーション調整を行うことが可能です。チューナーやその他の道具は必要ありません。必要なのは、小さなスクリュードライバー1本と、ロボットギターのマスター・コントロール・ノブ(MCK)だけ。あとはギターが自分で、プロのギターテックよりも遥かに早く、瞬時にイントネーション調整をしてくれるのです。

発売価格 246,960円



どう思いますか??
僕の素直の感想は 僕には必要なし

だってチューニングは自分でできないと あとさき本当に困るだろうし
弦交換もオクターブチューニングも

初心者こそチューニングとかわかってないと 苦労する 
初心者の僕が言うのもなんだけどwww

けど ライブする人にとっては いいと思う
ライブにチューニングづれるのはつきもの

ギブソンで246960円だったら安いかも
そんな金ねぇけどwwwwww

もうちょっと バリエーションが増えて 
ライブするようになったら 買うかもww
金があったらの話だけどwwww


けど 今、大金持ってても 
買わないよwww
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら

レスポール調査隊

レスポールのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。